電話 お問い合わせ パンフレット請求 ページTOPへ

お知らせ


本年もこのパンフレットが皆様のお手元に届くことを社員一同とても嬉しく感じています。

昨年来のコロナ禍、現状では登山業界のみならず、登山界全体が窮地に陥っているといっても過言ではありません。

日本山岳ガイド協会では昨年5月に登山ガイド業務を脅かす新型コロナウイルス感染症対策のためのコロナ対策プロジェクトチームを立ち上げ、この問題に対し総力を挙げて取り組んでいます。
また、山小屋を代表する北アルプス山小屋協会でも存続を掛けた対策が行われ、完全予約制による宿泊定員の減員など、過去100年の常識を覆すような改革が行われています。
現状、山小屋のほとんどがGoToキャンペーンに参加しないのは、危険を伴う登山に準備不足の人が気軽に訪れることに問題意識を持っているからに他なりません。(結果的に昨年は山小屋での感染者は皆無でした)

この流れは、ウィズコロナの現在のみならず、アフターコロナと呼ばれる遠くない将来にも続く新らたな常識になると考えられます。
私たちトラベルマスターズもこの流れを一過性のことと捉えることなく、登山業界全体の流れに歩調を合わせ、安全安心の山旅を提供して参るつもりです。

具体的には昨年までの募集上限18名様を、本年はさらに15名様に絞らせていただきました。(一部ツアー除く)
募集上限を下げることは、各地の山小屋が30%近く宿泊費を上げている中、どうしてもツアー費用上昇につながってしまいます。
しかし、安全で満足度の高い山旅をご案内することこそお客様の求める価値と捉え、ツアー製作に取り組んで参りました。

今回発表させていただくツアーの価格は全て綿密な原価計算の上提示させていただいたものです。
ツアー会社によってはあえて募集人員を提示せず、地元に精通した山岳ガイドも雇わず価格を安く抑えているものもございます。
募集上限は何名なのか、現地を知り尽くした地元ガイドが同行するのか、添乗員のスキル、あるいは疲労の蓄積度合いなど、出発当日に最大限の安全が確保されているツアーであるのかを是非ご確認された上でお申し込みなさってください。

トラベルマスターズでは山旅ツアーでも20項目に及ぶ新型コロナ対策を決め徹底しています。
2週間前検温などご面倒をお掛けするところもございますが、ご参加の皆様は口を揃えて「トラマスは安心して参加できる」とおっしゃってくださいます。

昨年は受け入れ先の混乱もあり、ほとんどの山旅が催行できませんでした。しかし、本年度は登山業界全体が自らの生き残りを掛け、最大限の安全対策を講じお客様の受け入れをしていくことでしょう。
私たちトラベルマスターズもここまで磨き上げた個々のスキルと、業界との太いパイプをフルに活用し、最良の山旅をご提案させていただきます。

本年も安心してトラベルマスターズの上質で安全な山旅をご利用ください。
代表取締役 鹿島純一



お知らせ

【旅行企画・実施】株式会社トラベルマスターズ

ページの先頭へ